上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
立て続けにアルバイトの採用電話が来ない出口です。

まぁ、ね、不景気だから。

明後日7/1からウィークリーライブですよ。
諸事情がありまして木曜日ですが、翌週からは火曜日となります。

夜はお暇な方、ちょっとスペイン料理でもつまみながらお酒を飲みたい方、
この蒸し暑い夜に酒を片手にcoolな演奏を聞きたい方、
バイトの面接に落ちた方、連日の蒸し暑い日々によりちょっと痩せたかも!?と淡い期待をしている方、
BAR espanaに集合です。1STは20:30~です。

最後の二つは自分のことです。

あと私事ですが、翌日にサポートでのライブがあるんですが、
人生初のアコースティックライブ。
バンド編成ですが、ギターはアコギなんです。

奥が深いですよ。
バンドのアンサンブルとかボイシングとか、まぁとにかく奥が深い。

エレキとアコギって別物ですね。
やったるで。

そうそう、先週金曜日、またしもストリートライブ参戦してきました。
友人との食事の帰りだったので、ギターは持っていなかったのですが、
坂根氏持参の鈴を片手に演奏。

途中、ちょっと怖目なおB系兄さんが演奏を聴いてくれて、
「あっちでフリースタイルやってるから後で合流しようよ」と。

坂根氏のジャンベ(アフリカの太鼓ね)と
出口氏の鈴(っていうかタンバリンの周りについている金属の円盤)でフリースタイル集団に参戦。

やっぱりね、音楽はリズムなんだなって思いました。
5,6人輪っかになって、ジャンベと鈴のリズムにのってフリースタイルを歌う(しゃべる?)。

楽しかった~。よくあんなに次々と言葉が出るな~って思った。

途中、ハーフと思しき青年が参戦してきました。
おそらく十代で、アフリカの血筋がありそうな顔立ちでしたね。
たぶん、アフリカ系の人がアメリカにわたって・・・的なルーツがありそうな感じ。

いや、完全に予想ですよ。

ジャンベを叩いてもらったんですが、アフリカ系の血が騒いだのか
クールなリズムをたたき出していました。

もちろん細かい演奏技術は無いんだけど、
「何でそういうビートを知ってるの!?」っていう感じで
先天的に体の中にそういうリズム感、タイム感が根付いているんだろうなって思った。

ストリートでの演奏ってやっぱ良いね。
通行人に対しても、何か伝われば足を止めて聞いてくるのはもとより、
のってくれる人、「こんなことやってる人いるんだ~」ってちら見する人、
また聞きにくるって言ってくれる人、いろんな人がいます。

演奏(っているか自分は鈴振ってるだけw)している曲は先人の曲たちの
コピーですが、やっぱり音楽って言うフィルターを通すと、
形を成さない音の羅列や重なりに対し、知的生命体が感情を動かすっていうマジックが起きるんです。

植物でさえ、クラシックや主人の歌を聞かせると大きく育つって科学的に実証されていますから。

とりあえずは明後日のストリートライブをお楽しみに!

回転寿司なら20皿はいけるんじゃないか!?って思っているすし好きの出口でした。
スポンサーサイト
06.29 (Tue) 20:24 [ 出口 ] CM1. TB0. TOP▲
  
コメント

あの人アイヌの血が入ってるんだって☆
---------- サカ [ 編集] URL . 07/01, 01:02 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://psidemusic.blog130.fc2.com/tb.php/20-adaeaac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。